研究院講師
松吉 大輔
(まつよし だいすけ)

居室
13号館320号室
TEL
03-5452-5249
FAX
03-5452-5249
E-Mail
専門分野
視覚認知・記憶・認知神経科学

経歴

学歴

  • 2003年3月
    関西大学社会学部社会学科産業心理学専攻 卒業
  • 2006年3月
    京都大学大学院文学研究科修士課程行動文化学専攻心理学専修 修了
  • 2009年3月
    京都大学大学院文学研究科博士後期課程行動文化学専攻心理学専修 研究指導認定退学
  • 2009年11月
    京都大学 博士号 (文学) 取得

職歴

  • 2009年4月〜2010年10月
    自然科学研究機構生理学研究所 統合生理研究系感覚運動調節研究部門 研究員
  • 2009年4月〜2010年3月
    京都大学文学部 非常勤講師
  • 2010年11月〜2012年9月
    大阪大学大学院人間科学研究科 特任助教
  • 2012年10月〜2015年3月
    東京大学 先端科学技術研究センター 認知科学分野 特任助教
  • 2015年4月〜2016年3月
    早稲田大学基幹理工学部表現工学科 研究院講師
  • 2015年4月〜2017年2月
    (株)アラヤ・ブレイン・イメージング 技術顧問
  • 2016年4月〜2017年3月
    東京女子大学現代教養学部 非常勤講師
  • 2016年4月〜
    早稲田大学理工学研究所 次席研究員・研究院講師
  • 2017年3月〜
    (株)アラヤ 技術顧問(アラヤ・ブレイン・イメージングから社名変更)

研究業績

学術論文

英文

  1. Chen, N., Tanaka, K., Matsuyoshi, D., & Watanabe, K. (2016) Cross preferences for colors and shapes Color Research & Application, 41 (2), 188-195  LINK     DOI 
  2. Matsuyoshi, D., Morita, T., Kochiyama, T., Tanabe, H. C., Sadato, N., & Kakigi, R. (2015) Dissociable cortical pathways for qualitative and quantitative mechanisms in the face inversion effect. The Journal of Neuroscience, 35 (10), 4268-4279  LINK     DOI 
  3. Matsuyoshi, D., Morita, T., Kochiyama, T., Tanabe, H. C., Sadato, N., & Kakigi, R. (2015) Inversion leads to both qualitative and quantitative changes in face processing. 基礎心理学研究 (The Japanese Journal of Psychonomic Science), 34 (1), 203-204.
  4. Ikeda, T., Matsuyoshi, D., Sawamoto, N., Kakigi, R., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2015) Colour harmony represented by activity in the medial orbitofrontal cortex and amygdala. Frontiers in Human Neuroscience, 9, 382  LINK     DOI 
  5. Chen, N., Tanaka, K., Matsuyoshi, D., & Watanabe, K. (2015) Associations Between Color and Shape in Japanese Observers Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts., 9 (1), 101-110  LINK     DOI 
  6. Matsuyoshi, D., Osaka, M., & Osaka, N. (2014) Age and individual differences in visual working memory deficit induced by overload. Frontiers in Psychology, 5:384  LINK     DOI 
  7. Matsuyoshi, D., Kuraguchi, K., Tanaka, Y., Uchida, S., Ashida, H., & Watanabe, K. (2014) Individual differences in autistic traits predict the perception of direct gaze for males, but not for females. Molecular Autism, 5 (12), 1-3  LINK     DOI 
  8. Matsuyoshi, D., Ikeda, T., Sawamoto, N., Kakigi, R., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2012) Differential roles for parietal and occipital cortices in visual working memory. PLoS ONE, 7 (6), e38623.
  9. Kihara, K., Ikeda, T., Matsuyoshi, D., Hirose, N., Mima, T., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2011) Differential contributions of intraparietal sulcus and inferior parietal lobe to the attentional blink: Evidence from transcranial magnetic stimulation. Journal of Cognitive Neuroscience, 23, 247-256.
  10. Matsuyoshi, D., Ikeda, T., Sawamoto, N., Kakigi, R., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2010) Task-irrelevant memory load induces inattentional blindness without temporo-parietal suppression. Neuropsychologia, 48, 3094-3101.
  11. Osaka, N., Matsuyoshi, D., Ikeda, T., Osaka, M. (2010) Implied motion because of instability in Hokusai Manga activates the human motion-sensitive extrastriate visual cortex: an fMRI study of the impact of visual art. Neuroreport, 21, 264-267.
  12. Matsuyoshi, D., Hirose, N., Mima, T., Fukuyama, H., & Osaka, N. (2007) Repetitive transcranial magnetic stimulation of human MT+ reduces apparent motion perception. Neuroscience Letters, 429, 131-135.

著書・総説

  1. 松吉大輔 (2016) 個人差―連続と異質が交錯するヒト認知の多様性. 基礎心理学研究, 34 (2), 276-281.
  2. 松吉大輔(訳) (2015) ワーキングメモリの進化. 『ワーキングメモリと日常: 人生を切り拓く新しい知性』第3章(Working memory: The connected intelligence.), Alloway, T. P., & Alloway, R. G. Eds. 湯澤正通・湯澤美紀(監訳), 北大路書房 (New York: Psychology Press. 2013).
  3. 松吉大輔 (2014) 複数の注意と意識、脳. 神経注意学—注意し選択する脳, 苧阪直行(編), 新曜社.
  4. 松吉大輔 (2012) 実行機能. 脳科学辞典, 田中啓治・御子柴克彦(編)  LINK 
  5. 松吉大輔 (2012) 中央実行系. 脳科学辞典, 田中啓治・御子柴克彦(編)  LINK 
  6. 松吉大輔 (2012) 音韻ループ. 脳科学辞典, 田中啓治・御子柴克彦(編)  LINK 
  7. 松吉大輔 (2010) 第4章第5節 視覚性ワーキングメモリと後部頭頂葉. 脳イメージング—ワーキングメモリと視覚的注意からみた脳, 苧阪直行(編), 培風館.
  8. 松吉大輔(訳) (2008) 第8章 脳のダイナミクス,注意そして運動. 意識の脳内表現—心理学と哲学からのアプローチ—, デイヴィッド・ローズ(著)苧阪直行(監訳)(D. Rose “Consciousness: Philosophical, Psychological and Neural Theories”, Oxford University Press, 2006), 培風館.

招待講演・特別講演

  1. Matsuyoshi, D. (2017/8/21-25) The magical (universal) number 10 in human face recognition. The 17th Biennial Conference of the International Society for Theoretical Psychology, Tokyo, Japan.
  2. 松吉大輔 (2016/9/27) マイクロレベル拡散異方性の定量マッピング. 順天堂大学医学部放射線科, 順天堂大学附属順天堂医院(東京都文京区).
  3. 松吉大輔 (2016/8/17-19) 顔アイデンティティ認識の個人差と平均特性. 日本視覚学会2016年夏季大会企画シンポジウム「顔認知の個人差と文化差」, 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター.
  4. 松吉大輔 (2016/8/1) 高次視覚認知fMRI研究の実際. 慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室, 慶応義塾大学信濃町キャンパス.
  5. 金井良太・高橋康介・松吉大輔 (2016/1/23) NODDI(神経突起方向散乱・密度イメージング)―概論、導入方法、高速化―. 2016年包括脳MRI脳画像解析チュートリアル, 東京大学医学部附属病院.
  6. 田邊宏樹・北田亮・小川健二・松吉大輔 (2015/9/22-24) ヒト脳イメージング研究の最前線. 日本心理学会第79回大会 (大会企画シンポジウム), 名古屋国際会議場.
  7. 松吉大輔 (2015/8/6) fMRI研究の実際. 生理学研究所第26回生理科学実験技術トレーニングコース「ヒト脳機能マッピングにおけるデータ解析入門」, 生理学研究所.
  8. 松吉大輔 (2015/5/9) 個人差―連続と異質が交錯するヒト認知の多様性. 2015年度第1回基礎心理学フォーラム「基礎心理学にとって個人差とは何か」, 慶応義塾大学.
  9. 松吉大輔 (2012年6月) 神経美学—美は神経科学にとって特別か? 科学基礎論学会プレワークショップ 美は分析できるか?—神経美学のこれまでとこれから, 一橋大学.
  10. Matsuyoshi, D. (Mar, 2012) Visual memory and overloading. Bielefeld-Osaka Workshop 2012, Osaka, Japan.
  11. Matsuyoshi, D. (May, 2011) Neural bottlenecks for conscious visual awareness and visual memory. The 4th Symposium on Cognitive Neuroscience Robotics, Osaka, Japan.

国際会議

  1. Matsuyoshi, D., & Watanabe, K. (2017/7/13-17) The magical number 10 in face recognition. The 13th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV 2017), Tainan, Taiwan.
  2. Matsuyoshi, D., Kuraguchi, K., Tanaka, Y., Uchida, S., Ashida, H., & Watanabe, K. (2014/7/19-22) Human variation in autistic traits predicts the perception of direct gaze for males, but not for females. The 10th Asia-Pacific Conference on Vision (APCV 2014), Takamatsu, Japan.
  3. Chen, N., Tanaka, K., Mastumoshi, D., Namatame, M., Watanabe, K., & Nagamori, Y. (2014/1/30-31) Color-shape association in deaf and hearing people. Special session on "Recent Advances in Cognitive Science", 6th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST-2014), Burapha University, Thailand.
  4. Matsuyoshi, D., Kuraguchi, K., Ashida, H., & Watanabe, K. (2014/1/30-31) Interhemispheric differences in the perception of human gaze direction. Special session on "Recent Advances in Cognitive Science", 6th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST-2014), Burapha University, Thailand.
  5. Na Chen, Kanji Tanaka, Daisuke Matsuyoshi, Katsumi Watanabe (2013/12/11-14) Correlated preference for color combination and shape. The 1st Asia Color Association Conference (ACA2013), Thanyaburi, Thailand.
  6. Na Chen, Kanji Tanaka, Daisuke Matsuyoshi, Katsumi Watanabe (2013/8/26-30) Associations between colors and shapes in Japanese observers. 5th international congress of international association of societies of design research.(IASDR2013), Tokyo, Japan.
  7. Na Chen, Kanji Tanaka, Daisuke Matsuyoshi, Katsumi Watanabe (2013/7/5-7) Correlated preference for color and shape. 2013 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering (ICBAKE2013), Akihabara, Japan.
  8. Osaka, N., Matsuyoshi, D., Ikeda, T., Osaka, M. (September 2012) Implied gaze direction in Japanese Ukiyoe print : An event related fMRI study. European Conference on Visual Perceptiton 2012, Alghero, Sardinia, Italy.
  9. Osaka, N., Matsuyoshi, D., Ikeda, T., Osaka, M. (August 2011) Motion implied by static line-drawing image of visual art activates the human motion-sensitive cortex: an fMRI study. European Conference on Visual Perceptiton 2011, Toulouse, France.
  10. Matsuyoshi, D. (May, 2011) Too many items spoil the memory: Overflow of visual working memory in the elderly. The 4th Symposium on Cognitive Neuroscience Robotics, Osaka, Japan.
  11. Matsuyoshi, D., Ikeda, T., Sawamoto, N., Kakigi, R., Fukuyama, H., & Osaka, N. (October-November, 2010) Insufficient filtering of distractors in visual short-term memory and inattentional blindness. 29th International Congress of Clinical Neurophysiology (ICCN 2010), Kobe, Japan.
  12. Kihara, K., Ikeda, T., Matsuyoshi, D., Hirose. N., Mima, T., Fukuyama, H., & Osaka, N. (Sepember, 2009) Top-down and stimulus-driven influences in the attentional blink: Evidence from transcranial magnetic stimulation. NIPS International Workshop for Scientific Study of Consciousness, Okazaki, Japan.
  13. Matsuyoshi, D., Ikeda, T., Sawamoto, N., Fukuyama, H., & Osaka, N. (November, 2008) Neural manifestations of selective encoding into visual working memory. 38th Annual Meeting of the Society for Neuroscience, Washington, DC. USA. No. 484.15.

国内会議

  1. 萩原彰文・堀正明・松吉大輔・入江隆介・神谷昂平・鎌形康司・前川朋子・クリスティナ=アンディカ・越野沙織・中澤美咲・上田亮・堀田萌子・武中祐樹・阿部修・青木茂樹 (2017/9/14-17) MRIにて異なる撮像法で得られるミエリンマップの比較検討. 第45回日本磁気共鳴医学会大会, 栃木県総合文化センター/宇都宮東武ホテルグランデ(栃木県宇都宮市).
  2. 松田圭介・束村陽・松吉大輔・眞溪歩 (2017/3/20) 経頭蓋細胞外インピーダンス制御によるビジュアルワーキングメモリへの介入. 電気学会医用・生体工学研究会, 東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区).
  3. 松吉大輔・渡邊克巳 (2015/11/28-29) マジカルナンバー10:顔記憶容量の範囲と限界. 日本基礎心理学会第34回大会, 大阪樟蔭女子大学(大阪府東大阪市).
  4. 松吉大輔・守田知代・河内山隆紀・田邊宏樹・定藤規弘・柿木隆介 (2015/7/2-3) 顔の方位を関数とする皮質処理経路の動的調整 第17回日本ヒト脳機能マッピング学会, 毎日新聞オーバルホール(大阪市北区).
  5. 松吉大輔・守田知代・河内山隆紀・田邊宏樹・定藤規弘・柿木隆介 (2014/12/6-7) 倒立は質的にも量的にも顔処理を変化させる. 日本基礎心理学会第33回大会, 首都大学東京.
  6. 松吉大輔・藏口佳奈・内田聖菜・田中優実子・蘆田宏・渡邊克巳 (2014/4/26) Sex and individual differences in autistic traits predict the perception of direct gaze. 第14回東京大学生命科学シンポジウム, 東京大学.
  7. 松吉大輔・苧阪満里子・苧阪直行 (2013/11/30) 過負荷による視覚的ワーキングメモリ不全―個人差・年齢差によるアプローチ 第11回日本ワーキングメモリ学会大会, 京都大学.
  8. 高橋康介・松吉大輔・渡邊克巳 (2013/11/21-22) 視覚的形状と社会的立場の共感覚様連合. 多感覚研究会, NTT厚木研究開発センタ.
  9. 池田尊司・松吉大輔・苧阪直行 (2013/9/19-21) 二色配色を用いた調和感・不調和感の神経基盤. 日本心理学会第77回大会, 札幌コンベンションセンター.
  10. 松吉大輔・守田知代・河内山隆紀・田邊宏樹・定藤規弘・柿木隆介 (2013/8/29-9/1) 顔倒立効果における質的要因と量的要因を担う皮質経路の乖離. 平成25年度包括型脳科学研究推進支援ネットワーク・夏のワークショップ, 名古屋国際会議場.
  11. 松吉大輔・藏口佳奈・内田聖菜・田中優実子・蘆田宏・渡邊克巳 (2013/7/13-14) 健常成人における自閉傾向の個人差と被視線感覚 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス.
  12. 池田尊司・松吉大輔・澤本伸克・福山秀直・苧阪直行 (2012年5月) 調和配色・不調和配色における脳活動の差異 日本色彩学会第43回全国大会, 京都大学.
  13. 池田尊司・苧阪満里子・松吉大輔・肥後克己・片平建史・遠藤香織 (2012年5月) リーディングスパンテスト課題遂行時の事象関連電位変化 第30回日本生理心理学会大会, 札幌.
  14. 松吉大輔・苧阪満里子・苧阪直行 (2011年12月) 符号化の失敗が過負荷による視覚的短期記憶不全を引き起こす 日本基礎心理学会第30回大会, 慶應義塾大学.
  15. 松吉大輔・苧阪満里子・苧阪直行 (2011年3月) 高齢者における視覚的ワーキングメモリのオーバーフロー 日本ワーキングメモリ学会第8回大会, 京都大学.
  16. 松吉大輔・柿木隆介・苧阪直行 (2010年11月) 視覚的ワーキングメモリのオーバーフロー 日本基礎心理学会第29回大会, 関西学院大学.
  17. 松吉大輔・池田尊司・苧阪直行 (2009年8月) 視覚的短期記憶容量の不足による非注意盲の誘発—fMRIと行動実験による検討— 第73回日本心理学会大会, 立命館大学.
  18. 池田尊司・松吉大輔・澤本伸克・福山秀直・苧阪直行 (2009年5月) 色彩調和の神経基盤:fMRIを用いた検討 日本色彩学会第40回全国大会, 慶応義塾大学.
  19. 松吉大輔・苧阪直行 (2009年3月) 容量限界を超えた状況下での視覚的ワーキングメモリ表象の維持不全 日本ワーキングメモリ学会第6回大会, 京都大学.
  20. 松吉大輔・池田尊司・澤本伸克・福山秀直・苧阪直行 (2008年12月) 頭頂間溝と後頭皮質は注意フィルタリングにおいて異なった寄与をする 日本基礎心理学会第27回大会, 東北大学.
  21. 木原健・池田尊司・松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2008年9月) 注意の瞬きに関する後部頭頂葉の機能差 第72回日本心理学会大会, 北海道大学.
  22. 松吉大輔・苧阪直行 (2008年9月) 視覚的ワーキングメモリ容量はフィルタリングの効率性を反映するか? 第72回日本心理学会大会, 北海道大学.
  23. 木原健・池田尊司・松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2008年3月) 注意の瞬きに関わるトップダウン処理とボトムアップ処理 第6回注意と認知研究会合宿研究会, 金沢.
  24. 松吉大輔・苧阪直行 (2008年3月) 妨害刺激排除の効率性は視覚的ワーキングメモリ容量と逆相関する 日本ワーキングメモリ学会第5回大会, 京都大学.
  25. 松吉大輔・苧阪直行 (2007年12月) 視覚的ワーキングメモリにおける妨害刺激の排除過程 日本基礎心理学会第26回大会, 上智大学.
  26. 松吉大輔・苧阪直行 (2007年11月) 視覚的ワーキングメモリにおける妨害刺激の排除過程 京都大学グローバルCOE拠点形成記念公開シンポジウム心が活きる教育に向かって, 京都大学.
  27. 松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2007年5月) 仮現運動知覚の神経機構?反復経頭蓋磁気刺激による研究 日本認知心理学会第5回大会, 京都大学.
  28. 松吉大輔・廣瀬信之・美馬達哉・福山秀直・苧阪直行 (2006年6月) 第五次視覚野への反復経頭蓋磁気刺激が仮現運動知覚に及ぼす影響 日本基礎心理学会第25回大会, 広島大学.

その他

紀要・抄録・技報等

  1. 木原健・池田尊司・松吉大輔・廣瀬信之・苧阪直行 (2008) 注意の瞬きに関わるトップダウン処理とボトムアップ処理. Technical Report on Attention and Cognition, 25.

受賞

  • 2014年 日本基礎心理学会第33回大会・優秀発表賞
  • 2013年 第11回日本ワーキングメモリ学会大会・優秀発表賞
  • 2010年 Young Investigator Award at 29th International Congress of Clinical Neurophysiology 2010 (International Federation of Clinical Neurophysiology)

研究助成

  • 京都大学グローバルCOEこころが活きる教育のための国際的拠点 大学院生養成プログラム(2007年・代表; 30万円)
  • 京都大学グローバルCOEこころが活きる教育のための国際的拠点 大学院生養成プログラム(2008年・代表; 45万円)
  • 自然科学研究機構生理学研究所若手育成プログラム(2009年・代表; 70万円)
  • 財団法人放送文化基金研究助成(2010年・代表; 120万円)
  • 日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)(2011年-2014年・代表; 330万円)
  • 日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)挑戦的萌芽研究 (2014年-2017年・代表; 280万円)
  • 早稲田大学理工学研究所奨励研究(2016-2018年・代表; 248万円)