渡邊研究室では、人間の認知行動過程を研究しています。実験心理学、認知科学、脳神経科学などの手法を用いた実験研究を中心としていますが、他の方法論も積極的に取り入れて、人間の認知・行動を可能にする顕在的・潜在的過程の科学的解明、認知科学の境界領域への拡張、実社会への還元を視野に入れた応用研究に取り組んでいます。

研究内容に対するお問い合わせ等は、メールにて までお願い致します。

渡邊 克巳 

渡邊 克巳

を研究対象としています。人間の心という主観的な現象に対して、認知科学・心理学・脳神経科学等の最先端の方法を使って、心を作り出している意識的・無意識的過程の科学的解明、認知科学のその他の研究分野への拡張、それらの知見の産学連携を通じた社会への還元を目指しています。私たちが(個人的に)確実なものと信じてるこの世界が、かなり危ういものであるということを綿密な実験によって示すとともに、(それにもかかわらず)私たちのそれなりに安定した日常生活を可能にしているものは何なのかを調べることを基本として、主観的な時空間の歪み、「見ること」と「聞くこと」の相互作用、技がうまくなる理由、無意識的な学習、無意識的なひとまね、無意識的な好み、行動・生体・脳機能測定による認知・注意機能の測定、発達障害に伴う認知機能の変化の研究、「言い訳」の研究なども行っています。個人の主観的経験という万人に共通する現象を軸に据えることにより、人間の心を真剣に研究するための科学的な立場を維持し、研究分野の枠を積極的に越えるための基盤としての認知科学の展開を目指しています。