公開シンポジウム
『潜在脳と自閉症 ~当事者・基礎・臨床の対話から
見えてくる社会性障害への新しいアプローチ~』

日時 2014年2月4日 (火曜日) 11:10〜17:40
場所 東京大学先端科学技術研究センター 3号館南棟1階 大ホール (ENEOSホール)
→ 先端研へのアクセス・キャンパスマップ
参加申込 件名を「2/4シンポジウム参加」とし、本文に氏名、所属、懇談会参加の有無を明記して、 まで送信ください。
参加費 シンポジウム無料、懇談会 1500円
プログラム
10:40 受付開始
11:10-11:20 開会のことば 柏野牧夫(NTT)
11:20-12:00 講演1 渡邊克巳(東京大学)
『ミニマルな動作に潜む社会性』
12:00-13:20 デモ・ポスター展示・お昼休憩
13:20-14:00 講演2 下條信輔(カリフォルニア工科大)
『社会的相互作用の潜在指標としての、身体・神経活動同期~自閉症への示唆』
14:00-14:40 講演3 加藤進昌(昭和大学烏山病院)
『自閉症スペクトラムの脳科学−成人例の臨床からみえてきたこと−』
14:40-15:10 休憩(30分)
15:10-15:50 講演4 片岡聡
『ASD者が望む診断基準にない困難の研究』
15:50-16:30 講演5 柏野牧夫(NTT)
『自閉症スペクトラムの知覚世界』
16:30-17:30 パネル・ディスカッション 講演者全員
『自閉症とは何か?どこがユニークか?どうアプローチするか?』
17:30-17:40 閉会のことば 下條信輔(カリフォルニア工科大)
18:00- 懇談会(Capo PELLICANO 駒場店・東京大学駒場IIキャンパス内)
主催
  • (独)科学技術振興機構(JST) 戦略的研究推進事業CREST
    研究領域「共生社会に向けた人間調和型情報技術の構築」
    「潜在的インターパーソナル情報の解読と制御に基づくコミュニケーション環境の構築」チーム
  • 東京大学先端科学技術研究センター渡邊研究室